読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また100万回キミに

ちぐはぐな二人の距離も変わるかな

第39回 アカデミー賞新人俳優賞 受賞おめでとうございます

 

2004年8月12日にある少年が芸能界へ足を踏み入れました。
 
その少年はサッカーが大好きでした。当時のW杯の缶バッチが欲しくてオーディションを受け、光一くんが大好きな母に勧められるがままに彼はアイドルとしての道を歩き始めました。
 
 
そしてJr時代、マイクを持てず同期が歌うバックにつく毎日。自分が出られなかったステージでも普通に回っていた悔しい事実。それでも少年はめげずに踊り続けました。家に帰ってもレッスン場でも時間が許す限り踊り続けました。誰かが見ていてくれると信じて踊り続けました。時には心が折れそうになったけれど仲間に励まされ踊り続けました。
 
やがて段々と踊る位置が前になり、ステージの上でマイクを渡されて歌を歌いました。約2年の月日が経っていました。そして、先輩の舞台で仲間の代役を努めます。その舞台での少年の踊りを見て事務所の社長は涙しました。感動をしました。
 

確実に実力をつけていき、そうして彼は2006年に初めてドラマに出ました。当時、13歳。役は少年の探偵でした。周りには天才子役や実力派俳優、大御所俳優など沢山の人がいました。彼の初めての台詞は

 
「バカみたいだぜ。俺達ライバルなんだぞ。」
 
何年も経った今でも彼はその台詞を忘れられないと言います。そして彼は演技の楽しさを知ります。俳優としての一歩を歩み始めました。
 
初めて出たドラマで彼は大きく注目されるようになりました。クラスの女子の半分が彼のことを好きになり、携帯の待受には彼の笑顔がありました。もちろん私もその一人でした。
 
そして期間限定グループでデビューしたかと思えばバレーボール応援スペシャルサポーターとして再びデビューすることになりました。彼は14歳でした。
 
 
そして、彼は沢山のドラマに出ます。いじめられっ子なジムの息子、都会の中学生、古畑任三郎の中学生時代、スーパー中学生、病気の兄を持つ弟、左目に能力を持つ探偵、幕末志士の青年時代、マザコン高校生、金田一少年、鬼、病を患う青年。こうして彼は少年から大人へと成長していきました。
 
沢山のドラマに出て、沢山の主演を務めました。そんな彼はいつからかこんなことを言います。
「映画に出てみたい」
「映画ってどんな感じ?」
 
 
f:id:kuuutro:20160223013318j:image
 
 
周りの仲間達が映画に出るのを羨ましがったり、いつか自分も出るんだと負けん気で彼はまた努力をしました。
 
 
そして、2014年。彼は念願だった映画を2本も撮影しました。
 
 
まず、グラスホッパーで映画初出演を果たします。ファンも彼も仲間達も喜びました。原作ファンからの風当たりは強かったかも知れないけれど彼ならそれを超えてくれる。私たちが驚くような演技を魅せてくれる。そう思いました。
 
いよいよ公開された2015年。彼のアクションが凄いと高評価を受けました。ナイフを自身の手の間に刺すシーンは早送りではありません。人を倒していくシーンも彼です。傷だらけになりながら身体を張りながら演じていました。髪を銀髪に染め、普段キラキラアイドルをしている彼からは想像もできないくらい蝉という役を演じきっていました。
 
 
もう1つは暗殺教室。この作品で映画初主演を果たします。この作品も2015年に公開しました。グラスホッパーよりも先だったので、暗殺教室が実質、銀幕デビューとなりました。彼の初主演作品は大ヒットを記録して続編が決定しました。
 
そして、この作品で
 
 
 
第39回日本アカデミー賞 新人俳優賞
 
 
 
を受賞しました。
 
 
 
 
初めて演技をした13歳のあの頃から22歳へ。少年から成長して大人になる過程で沢山考えることあったと思います。どうすればいいか分からなくなったことだって沢山あったと思います。それでもブレずに前を歩き続けてきて素晴らしい賞を受賞できたことが本当に素晴らしいことだと思います。真似しようと思ったって到底まねできません。凄い。
 
 
雑誌でこんなことを言っていました。
 
斗真くんみたいになりたい。斗真くんや岡田くんのようなレベルになったら、"やっぱりジャニーズだから"っていう見方は絶対にされないし。一役者として見てもらえる位置まで、いつか自分もいってみたい。あと5年後、27歳くらいでそういう位置にいられたらいいなって。野望です!
 
 
前に二宮くんが「ジャニーズってジャニーズって見られるからその殻を壊すことが難しい。」と言っていたのを覚えています。きっと彼はこの壁にぶち当たっているんだろうなと思いました。世間から見た彼の印象はキラキラアイドルだから余計にそう思われるのだろうと彼自身も実感しているんだろうなと思います。でも彼は来世ではまたこの生き方を選び、「この生き方以外わからない」と思うほどこの仕事にジャニーズに誇りを持っています。だからこそ悪い意味での"やっぱりジャニーズだから"とは言われたくないのだろうと思いました。
 
 
その一方でこんなことも言っていました。
 
-俳優でしょう?
「堂々とは名乗れない。僕にはアイドルっていう土台があって、俳優をやらせていただいてるっていう間隔が大きい」
-謙虚しているんですか?
「俳優一本でやっていらっしゃる方に対して、同じ土俵に立っていますと言えない」
-言えばいいじゃないですか。
「一歩離れて自分を客観的に見たとにに、名乗れないよなって感じる。どれだけ演技力が身につこうが、変わらないんじゃないかな」
 
この記事を読んでみて、思ったことは葛藤している最中だと。アイドルとしての土台がありそこでの俳優業をどう全うしていくかを模索中なのだと感じました。最後には「ぬぐえるといいですけど」とも言っていました。目標をきっちりたてるのがあまり好きではない彼だけれど、先輩たちの背中を見て「いつかそこに行ってやる」と口に出して言える彼はもっともっと俳優として大きくなることを誓っているんだなとインタビューを見て感じました。
 
 
今一番、楽しいことに「演技」と言っていた彼。きっとこの賞を受賞することによって一回りも更にさらに俳優として大きくなっていくんだなあと思うとワクワクが止まりません。どんな景色を魅せてくれるんだろうと鼓動がバクバクと脈打ちます。
 
 
 
 
 
 
 
 
山田涼介くん、新人俳優賞受賞おめでとうございます。本当に本当におめでとうございます!!!
 
 
 
俳優としても、アイドルとしても、ファンを大切にしてくれて魅了し続ける山田くんを誇らしく思います。受賞すると聞いた時、「自分なんかが…」って思ったみたいですが、山田くんだからこそ受賞できたことだと思います。受賞できたことをファン、仲間のおかげだと言う山田くんが大好きです。そしてそのことを皆に伝えて「ありがとう」と言える山田くんが大好きです。応援して下さいというメッセージの後に自分の名前、そして、Hey! Say! JUMPと入れるグループを大切にする山田くんが大好きです。
 
 
「99%駄目だとしても1%でも成功する確率があるなら俺はやる」きっとこれからもこの言葉を断言できる山田くんがいるんだろうなと思います。そんな山田くんを追いかけていきたい思いました。時には疲れてしまっても隣には仲間達がいます。後ろにはファンがいます。休んでもいい。俳優として大きくなっていく山田くんに幸あれ!!!!
 


f:id:kuuutro:20160304013830j:image
 
 
 
 
 
 
 
ps. 事務所が「え?山田ですか?」と思おうと、私はこれからも「ですよね!?山田ですよね!?」と有り得ないくらいのモンペを発揮し続けて応援していきます。この度は本当におめでとうございます!!!
 
 
(意味不明で自己解決してる文章で申し訳ありません。誤字脱字多いだろうな~)
 
 
最後までありがとうございました!!!
 
 
 

V6 アニバコンを見た私


花粉の季節になりました。花粉で鼻声になってズビズビしてる可愛い山ちゃんに会える季節になりましたね。今年もティッシュが期間限定彼氏になる時期が近づいてまいりました。早く別れられるように努めていきたいと思っております。



さてはて早速タイトルと無関係なことを書いたポンコツですが、人生で2度目のはてなブログを書いたのはまたまた自己満足でスッキリしたいからです。しばしお付き合いお願いいたします(深々)




初回限定盤の争奪戦が繰り広げられたことが記憶に新しいHey!Say!JUMP LIVE TOUR
2015 JUMPingCarnivalが世に出たその1週間後にそれは出ました。



そうです!!!!あの伝説のV兄さんの記念すべきLIVE DVDです!!!!!待ってました!!!!


前にちらっとTwitterでカミングアウトしたし、同業者のダチには散々話したし、何故私がV兄さん堕ちていったのかは、おいおい話すとして(話したがり)…私はこの日をずっと待ち望んでた訳です。とってもとっても!!!



以外、ネタバレ含みます。ご注意ください。
















さて、Amazonさんで頼んだのでフラゲできる気は全くしてなかったのですがまさかのフラゲが出来ました!!!(Amazonさん信じてたよ!!!)包装を破った瞬間の第一印象は


豪華ッ!!!


まず20周年の重みが違うわこりゃとただただ震えるばかりでございました。それに自担G以外のジャニーズDVDを買うことが初めてだったのでドキドキしました。


そして、ディスクをセットしいざ見ようと意気込んだ時に思ったことが一つ。


長いッ!!!


「あれ?私違うの買ったっけ?」って本気で思いました。自担Gの現場が短かったこともあってかものすごく長く感じましたw(この件に関してはノーコメントで)その日は夜からバイトだったのでこれは1週間かかるわ…とその時に予定を詰め込んでいた自分を恨みました。



そしていよいよ本編へ…本編を通してやっと見終えたのは3日後の事でした。V兄さんに関してほとんどど素人の私は「すごい」と「おめでとうございます」の言葉しか出てきませんでした。リボンシャワーもそうですがとても温かかった。みんなでお祝いをして喜びを分かち合っている感じがとても温かくてその場に居ずとも一緒にお祝いをしている気持ちになれました。また団扇の文字が「おめでとう」だらけだったのが印象に残りました。

それに加えて演出もカッコいい。前々からV6のコンサートはV6それぞれの個人スキルが高いうえに映像、構成、楽曲、照明が素晴らしいと聞いていましたが、V兄さんも勝ることながら特に照明の素晴らしさには驚きました!!!ハロウィン仕様になっていたり全部語っても語っても足りないくらいなので特に印象に残った2つを言わせください!!!


SUPERNOVA
V兄さんに興味を持って一番最初に聞いて、沼に落とされた曲。前回と前々回の振り付けを健くん発案で取り入れたと聞いてもうそれそれは震え上がりました。照明がエロい。でもただエロいんじゃなくて魅せるエロさ!!!例えるならばラブホテルではなくてパークハイアット東京のスイートルームのような高級感溢れる感じ!!!伝わってお願い!!!(他力本願)しかも緑のレーザーの中にメンバーが召喚されたかと思いきや、いきなりそれを自由自在に操り出すし!!そこから突然自ら緑のレーザー光線放ち出すし!!マジカッケェ。


SP -Break The Wall-
曲だけ聞いていて、踊っているところは知らずに見たのでこりゃびっくりぽんや!状態になりました。レーザーが会場全体に当たって不思議空間になったと思ったらレーザーが上からではなく中間から出てきていて本人たちが空に浮かんでいるように見えるし!!暗くなったかと思いきやセンステと花道を器用にライティングしてるし!!それぞれのソロパートでは繋がっていくように踊り、それに合わせて一糸乱れることなく照明が当てられていくし!!そして最後にまたレーザー出したああああ!!!マジカッケェ。(本日2度目)



いやあ~何度も言うよ~マジカッケェ。(本日3度目)V兄さんの個人スキルが物凄く高いことは知っていたけれど!噂聞いていた照明の凄さが私の脳天を打ち抜きました。レーザーかっちょいい…なんか強そう…黒魔術唱えて…ってなる。本当に語彙力ないうえにど素人なので、間違えていたらお恥ずかしいのですが…映像を見ていてもスタッフさんとの信頼関係やV6としての自分たちの魅せ方が凄いなあと感じました。やっぱり経験が違いますね!!!結論何が言いたいかって


マジカッケェ
(本日4度目)



ってことです。本編通してずっと思いました。あとMC見てて何かのバラエティ番組見てるのかな??って錯覚しました。楽しいいいい!!!あとたまに登場する自担にかわいいって言いつつおめでとうより先に番宣した飯尾さん(「伊野尾だよ!!」)にヒヤヒヤしました。





続いてA盤の特典ディスクです!!!もうこれいつ見終えられるかってくらい長くてメイキングなのにこんな長くていいの!?って驚きました、良い意味で。(avexさん流石です)これはど素人の私からしたらV兄さんの様々な表情が見られるし、美味しいし、とてつもない満足感が得られました。撮影しているスタッフさんと仲いいなあと。これまた色々と語り出したらキリがないので特に思ったことを!!まず、全国各地の舞台裏とMC集が入っているし、きっとファンの皆さんが「ここは入れて!!!」って悲願したものが舞台裏も表もたくさん入っている感じがしました。MCで写真出す件はおじゃんぷでも確か1回くらいはやったことあるけど、何回もやって違うVer.にしてくることに驚きました。(対応力すごいなあ…)特に私は岡田くんがひたすらモグモグ食べてたシーンが好きです。モグモグ厨としてはあれはズルイ。やられました。代々木で挨拶してる長野くんをわざわざ覗き込んでくる岡田くんがエロい。V兄さん達のバスローブもやっぱり大人の色気が漂いまくりでこれも経験の差があるなと感じました。(小声)あとびっくりしたのは健くんにヒゲが生えてたことです。健くんって人間だったのか、男だったのか、成人とっくに越えてたのか、と認識させられました。(私は健くんと知念くんは永遠に歳がとらない魔法美少女だと思ってる)




そして最後にB盤の特典ディスク!!!コメンテータリー入ってるからもう一つは短めかな?とか思ったら大間違い!!もう長い長い満足感!!!これまた面白い!!!各自が発案?して持ち寄った企画をやっているんだけどこれでバラエティ番組できるくらい面白い。そこら辺のしょうもない芸人の番組よりも100000000000000000倍面白い。V兄さんはアイドルっていうよりもTVの人ってほうが印象強い学校へ行こうポンキッキーズ伊藤家の食卓世代のテレビっ子なので第一声が「わああああV6だああああああ」でした。あの企画であそこまで面白くできるのに番組ないのが悔しい…やっぱり学校へ行こうを特番で何回かやってほしいな…と強く感じました。コメンテータリーはV6素人な私でもメンバーそれぞれの立ち位置だとか個性を学べた気がします。私ものり巻きパーティーやりたい…


僭越ながら、特典ディスクを一言で表すならば


満・足・感!!


でした。メイキングとかってファンじゃないと面白くなかったり楽しめなかったりしますが、少なくとも私はとても楽しめました!!きっとこれだけ長い時間だと編集も大変なのに飽きさせることなくavexさんすごいっす。感動( ; ; )



それから字幕があることにも感動しました。私の友人に耳が完全にではないけれど聞こえにくい子がいます。映画などは字幕があるから平気だけどその子が好きなグループのコンサートDVDは楽しみづらいと言っていました。健くんが手話をやっていることは知っていたけどこういう細かい気配りができて素敵だなと思いました。




WOWOW盤はまだ見れてません。あと3日はください。





ダラダラと己の感情をバーッと書き綴った訳ですが、言いたいことはV兄さん本当におめでとうございました!!!です。後輩グループ誰しもがこんな風な温かい20周年を祝いたいと思ったのではないでしょうか??このままそっくり祝いたい訳ではありませんが、自担Gともファンと一緒にこうやって記念を祝えていけたらなあと思いました。そして密かにもしご縁があればV兄さんの現場へ足を運んでみたいなと…!!!




想い溢れる場所こそきっとそこが愛なんだ





相変わらずの意味不明な日本語、誤字脱字があったのにも関わらず、最後までありがとうございました!!!


今度はV兄さんにドハマリしたアレなんかも書きたいと思ってるのでよかったら!!


JUMPのバレンタイン


厳しい寒さの中に梅が咲いたりと春が少しだけ見え隠れし、JUMPingCarnivalTour2015 DVDが前作のsmartより初動売上約2倍となりおじゃんぷの波に喜ぶと共に怯えてる今日この頃。いかがお過ごしでしょうか?



2.14はバレンタインデーでしたね。もう過ぎたとか言わないでください。

みなさんはお菓子を作ったり、本命にあげたりしたのでしょうか?私は何年作ってないんだろう…



さて!!!ここからが本題です!!!




もしもHey! Say! JUMPがバレンタインデーに友チョコ交換会をしていたら!!!私の願望編!!!(パチパチパチ)



クリスマスプレゼントを交換し合っている彼らには是非ともバレンタインデーも交換していてほしい!!!という己の願望を綴ります。


私の独断と偏見と願望が入り交じっているので悪しからず…




【手作りチョコ派】



裕翔くん

お母さんと一緒に作ったクッキー。味は紅茶・ラズベリー・ローズ・プレーンの四種類。形も丸の他にもハートや星などの形も用意してある。大きな箱に紙の細長いやつ(名前が分からない…)を敷き詰めてクッキーを入れてある。中にカードが入っていて「不味かったらごめんね笑」とちょっと自信ないメッセージが付き。でもお料理上手なお母さんと一緒に作ったから本当に美味しい。めちゃくちゃ美味しい。というかあの綺麗な手で作られるものは何でも美味しい。さらに驚きなのがだいたいの材料があの綺麗なお庭で手に入る。




山ちゃん

手作りフォンダンショコラとマフィン。メインはフォンダンショコラだけど材料が余ったのでメンバー全員とスタッフにもマフィンを作ってくるという女子力の高さを発揮する。味はもちろん美味しい。メインのフォンダンショコラは中トロトロだしイチゴ乗っかってるし金箔乗ってるしという本格派。箱はピンクでピンクのリボンをして保冷剤もお皿とフォークも付けるという女子力。マフィンの包装にもハートのシールをひとつずつ付ける。メッセージカードには「いつもありがとう!涼介」のやけに払い棒が長い介の文字が……!!!かわいい!!!(担当溺愛)




圭人

山ちゃんの家で作ったトリュフ。ただ湯煎を直接チョコをお湯に入れようとしたり、丸められず四角にしたり、クシャミでココアパウダーを吹き飛ばしてしまい見兼ねた山ちゃんがほぼあーだこーだ言いながらも作ってあげたり手伝う。だから味は美味しい。でも自分だけで作れなかったのを気にして薔薇の花束(メッセージカード付き)も添える。カードには「I love you」という愛のメッセージ。ちなみにあげる相手は男のみである。




ひかにゃん

痛チョコ。5.6時間かけて美少女キャラ(個人的にはおジャ魔女ドレミ)の痛チョコ作ってほしい。器用で絵が上手い光くんなら絶対にすごい大作出来るから本当にお願いだから作ってください。完成と共に写真大会を行う。JUMPのグループLINEに「明日楽しみにしとけよ??😏」って送り付け、宮田くんに「俺の傑作」って言いながら写真送ってる。包装はめちゃくちゃ繊細に温度管理も欠かさない。あげるつもりが自分が欲しくなってしまい人悶着あるが「八乙女ポイント加算するよ?」という声に泣く泣く他の人にあげる。



【買ってくるチョコ派】



ゅぅゃ

即決でGODIVA。綺麗なおネエさんは渋谷のGODIVA。何がいいかな~ってめちゃくちゃ悩んで店員さんに相談する。太客だと思われて味見めっちゃするめっちゃする。(おいしいのリアクションが良すぎて店員さん嬉しくてすごいあげちゃう)そして何よりもみんなのアレルギーと好みをリサーチして行くという完璧優男っぷり!!!デキル男は違うね!!!素敵!!!ついでに自分用も買ってく。買った時の言葉は「太っちゃ~う」(schoolgirlか!!)


f:id:kuuutro:20160215110525j:plain

http://www.godiva.co.jp/onlineshop/ItemDetail?cmId=367

ゅぅゃこれ買ってて!!!!



大ちゃん

自分の形をしたチョコ。自分を3Dプリントした型を作り、そこにチョコを流し入れ固める。ポーズは中二病みたいに天空に召喚されてるみたいなやつ(伝わって欲しい)。ただ不器用なために型からチョコがはみ出たりと形はすこし不格好だが、本人はすごい満足してる。包装は有岡型チョコに直接赤いリボンを巻き付けて透明ケースの中に入ってる。ウラに有岡型チョコ取り扱い説明書が貼ってある(有岡力満載の中二っぽい説明書)。秘密にしていたかったけど、伊野尾くんにだけ写メを送る。(返事は「大ちゃんマジ中二wwwww」)




【もはやそれはバレンタインなのか?派】



知念くん

全国共通お食事券1万円分。ネットで購入し、当たった人の自宅へ郵送。知念さんに作るという選択肢はないし、まず周り(主にゆとやま)が知念さんに料理させないという過保護っぷりを発揮する。極力家から出ずにどうやってギフトを送るかということを考える。ただ交換する時に現物がないので控え室に置いてある紙に「チネンの財布からのお食事券」と書いて当たった人に渡す。もちろん山ちゃんから怒られる(けど嬉しそう)。当たった人の元に届くのは3日後。




伊野尾くん

メジマグロ、イイダコ、ヤリイカ、ブリのお魚4点セット。太っ腹。決め手は「俺、ライブで猫やったじゃん?」という適当な理由。謎のお友達の漁師さんにどこのがいいのかなどリサーチしたらしい。朝直接仕入れに築地まで行ったらしい。本当は大ちゃんも連れていく予定だったらしいけど朝起きれなくて1人で行ったらしい。(本人談)如何せん、当たった人はどうしたら良いか分からない。結局、ゅぅゃが調べたご飯屋さんで捌いてもらう。最後に光くんの一言、「通りで朝から魚くさかった。」




【無くした派】



薮くん

本来ならチョコ買った派に入るが薮くんはそのチョコを無くした。家を出る時に持ってたところまでは覚えているがそれ以降のチョコの記憶がない。全くない。交換する時にようやくチョコがないことに気が付き、これまた薮くんも控え室の紙に「こうたのチョコちょっと待っててね賞」を書いて作る。本人も慣れてるしメンバーも慣れているのでそこまで動揺も驚きもないが、例のイケメンマネージャーにはちょっと怒られる。ちなみに買ったチョコはカカオサンパカ。(サッカー好きな薮くんはスペインのチョコを買ってて!!)当たった人は後日ニコニコおじさんから「ごめんね~」と言われながら渡される。


f:id:kuuutro:20160217234731j:plain

http://shop.cacaosampaka.jp/smartphone/detail.html?id=000000000185&category_code=bombons&sort=recommend&page=1

これがいいーーー(私の願望)




あげた人→もらった人


裕翔くん→ゅぅゃ(ゅぅゃすっごい喜ぶ)

ゅぅゃ→圭人(でもみんなに半分食べられちゃう)

圭人→山ちゃん(バラは文句を言いながらも部屋に飾る)

山ちゃん→大ちゃん(美味しくて山ちゃんにチューしたくなる)

大ちゃん→知念さん(本人の目の前でバリバリ食べる)

知念さん→伊野尾くん(一緒にご飯行く)

伊野尾くん→光くん(どう持っていくか悩む)

光くん→薮くん(光くんあげたくない問題)

薮くん→裕翔くん(後日、ママの分もあげる)




あーーーーーー楽しかった!!!!


己の自己満と欲望と願望に満ち溢れたおじゃんぷの妄想ドキドキバレンタイン交換会だったので賛否両論はあると思いますが、ただの山田担の戯れ事だと思って聞き流して下さい。豆腐のメンタルなのであまり虐めないでください。誹謗中傷受け付けられるメンタル持ち合わせておりません。


バレンタイン×おじゃんぷはメルヘンな想像しかできない(それしか想像したくない)ので平和だなとしみじみ感じています。バレンタインでこんな妄想できるジャニヲタって楽しい!!!これだから辞められない!!!!



ここまで読んで下さった方々、こんな文才もない、頭も悪い自己満文章を最後までご清聴ありがとうございました。





はてなブログの初めがこれだとは少し問題もある気がするし、使いこなせてないし、何より機械音痴なので仕組みをまず分かっていないけど楽しかったから終わりよければ全て良し)